郵便局
そばにいるから、できることがある。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです

日本郵便トップ > Webゆうびん > Webレター > 販売管理システム連携サービス

Webレター

販売管理システム連携サービス

他社製の販売管理システムとの
連携で便利!

Webレターのサービスと連携している販売管理システムで
作成した請求書や通知書をWebレターで簡単に発送できます。

Webレター販売管理システム連携サービスとは
こんな方におすすめ
メリット
料金
ご利用の流れ
サービス一覧

Webレター販売管理システム連携サービスとは

本サービスと連携している販売管理システムで、請求書や通知書をWebレター用ファイルとして作成し、
アップロードするだけで簡単に郵便で発送できます。

2017年10月現在、連携している販売管理システムは下記のとおりです。
・株式会社オービックビジネスコンサルタント社製:「商奉行i10」
・株式会社特攻店長社製:「特攻店長ver4.5.0~」
※今後、他の販売管理システムにも拡大していく予定です。

かんたん3ステップで請求書やDM等が送信完了!

  1. ステップ1販売管理システムから
    Webレター用ファイル生成
  2. ステップ2Webレターページから
    ファイルをアップロード
  3. ステップ3送信ボタンで完了
    最短翌日に配達

販売管理システム連携サービスについて詳しく見る

ログインしてファイル連携を使う

こんな方におすすめ

  • 該当の販売管理システムをご使用中で、請求書などの発送業務のコスト削減をご検討の方
  • 該当の販売管理システムをご使用中で、毎月発送業務に時間を取られている方

メリット

販売管理システム連携のメリット

今お使いの販売管理システムの画面からファイルを生成、Webレター専用画面から請求書などの郵便物を直接発送できるため、時間短縮・コスト削減になります。
用紙・封筒・インクなどのコスト、印刷・封筒詰め・切手貼り付けなどの作業が一切不要!発送業務を効率化できます!

Webレターと一般的な請求書の差出し業務の違い

  • 用紙・封筒の購入、書類の印刷、封筒詰め作業は一切不要です。
  • 切手の用意、貼り付け、宛名書きも不要です。
  • Web上の作業ですべてを完結。郵便局や郵便ポストに行く手間が省けます。
  • 料金後納をご利用いただければ、Webレターの料金を毎月の郵便料金とまとめることができます。

Webレター 販売管理システム連携 利用方法

Webレターとのファイル連携機能を持つ販売管理システム等で作成いただいた、Webレター用ZIPファイルを使用して、
Webレターを簡単に発送することができます。
販売管理システム内での利用方法については、申し訳ございませんがご購入いただいた販売管理システム等の企業様にお問い合わせください。

①Webゆうびんトップページに接続し、ログイン後、
「ファイル連携お申し込み」ボタンを押します。

image

②ファイル選択をクリックし、販売管理システム等で作成したZIPファイルを選択し、アップロードをクリックします。
連携したファイルがZIP単位で表示されます。「次へ進む」を押します。
WebAPI連携機能を持つ販売管理システム等の場合、ファイル選択、アップロードは不要です。

image

③全ファイルに含まれる通数一覧が表示されます。確認し、「次へ進む」を押します。

image

④連携された差出人情報が表示されます。確認し、「次へ進む」を押します。
注:複数zipを差し出される場合、差出人情報は、
1件目のZIPファイルに設定されている差出人情報のみが有効となります。

image

⑤連携されたあて先一覧が表示されます。確認し、「次へ進む」を押します。

image

⑥プレビューを画面上で確認します。「受付予約」を押します。

image

⑦受付予約完了画面が表示されます。

image

⑧申し込みが可能な準備が完了次第、
『「日本郵便 Webゆうびんサービス」申込準備完了のお知らせ』のメールが届きます。
Webゆうびんトップページにログインし、「受付予約状況確認はこちら」をクリックします。

image

⑨受付予約した単位で、1行ずつ表示されます。
「準備完了」となっている行を選択し、「次へ進む」を押します。

image

⑩申し込まれた通数の一覧が表示されます。
受付予約番号を押すと、プレビューが表示されます。
全通数プレビュー確認、もしくはページ下部のチェックボックスをチェックし、
「次へ進む」を押します。

image

以上でお申込み完了です。

Webレターを使う

ページの先頭に戻る

Webレターのサービス一覧