郵便局
そばにいるから、できることがある。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです

日本郵便トップ > 国際郵便 > お知らせ > 20161228
Language

国際郵便

メキシコあて船便扱いとする国際郵便物のお届け遅延について

2016年12月28日

メキシコあて船便扱いとする国際郵便物(通常郵便物および小包郵便物)については、2016年10月26日にお知らせさせていただきましたとおり、同年12月1日以降、引受を停止しております。
一方、11月30日までにお引き受けした同国あて船便扱いとする郵便物について、メキシコ側の国内事情により、現地での作業が滞っており、お届けの遅延が発生していることが判明しました。
つきましては、11月30日までに同国あてに船便扱いの小包郵便物を差し出されたお客さまで、まだお届け先に配達されていないと思われる場合、国際郵便約款第85条に基づく調査請求(※)を行っていただくことができますので、最寄りの郵便局へお申し出ください。
なお、通常郵便物に関しては、調査請求の対象外(書留および保険付扱いを除く。)となっております。ご不便をおかけいたしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。
現在、当社からメキシコの郵便事業体に対し、当該郵便物を速やかにお届け先まで配達するよう要請を行っています。
お客さまにおかれましては、大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

  • 調査請求は、小包郵便物、書留郵便物または保険付郵便物に不着等が発生した場合に、郵便物の差出人さま、または受取人さまの請求により、郵便物の状況確認を請求していただくためのものです。