郵便局
そばにいるから、できることがある。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです

日本郵便トップ > 国際郵便 > お知らせ > 20161216
Language

国際郵便

年末の外国あて郵便物の取扱い増加によるお届けへの影響について

2016年12月16日

現在、多くのお客さまに国際郵便をご利用いただいておりますことから、日本発外国あて郵便物の取扱いが大幅に増加しております。
弊社では、郵便物を円滑にお届けするために、運送便の確保、各国の郵便事業体への迅速な取扱いの要請等を行っておりますが、これから年末にかけ、さらに郵便物の取扱いが増加することが見込まれます。
特に欧米諸国、アジア諸国については日本からだけではなく、他の国からもこれらの国宛ての郵便物の到着が集中するため、航空機の運送スペースの不足、到着処理や、通関手続などに平常より時間を要し、郵便物のお届けが遅延するおそれがあります。
この時期に郵便物の差し出しを予定されているお客さまは、できるだけお早めにお出しいただきますよう、ご協力をお願いいたします。

また、ホンジュラスあてのEMS・航空便およびニカラグアあての航空便については、航空会社から2016年12月14日以降、郵便物の受託を停止する旨連絡があったことから、しばらくの間できる限り差し出しを控えていただきますようお願いします。
なお、運航再開の目途が立ち次第、再度ご案内させていただきます。
お客さまには、大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のうえ、ご協力をお願いいたします。

  • 航空便は、国際eパケット郵便物、グリーティングカード、航空優先大量郵便物、航空非優先大量郵便物等の郵便物を含みます。