郵便局
あたらしいふつうをつくる。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです


日本郵便トップ > 国際郵便 > お知らせ > 20120419
Language

国際郵便

航空危険物等の「国際郵便物として送れないもの」と疑われる外国あて郵便物の取扱いについて

2012年4月19日

航空保安対策の強化のため、郵便物引受け後に、X線検査等により内容品が航空危険物等の「国際郵便物として送れないもの」でないか検査し、「国際郵便物として送れないもの」が包有されている疑いがある場合は、差出人さまに内容品を照会させていただくことがございます。
このため、日本から外国へ発送するまでに時間を要する場合があります。また、航空危険物等の「国際郵便物として送れないもの」であることが確認された郵便物は、差出人さまへ返送等させていただきます。この場合、郵便料金の返還には原則応じかねますので、あらかじめご了承願います。

航空保安検査において、よく発見されているもの
航空危険物
具体的品目
  1. リチウム電池が取り付けられた電子機器(注)
    携帯電話(スマートフォン)、デジタルカメラ、ビデオカメラ、ノートパソコン、ゲーム機器 等
    注:船便扱い等の一定の条件を満たす「リチウム電池」については、国際郵便による引受けが可能です。
  2. スプレー缶
  3. 香水
  4. ヘアカラー
  5. マニキュア
  6. 花火 等

国際郵便の安全のため、航空危険物等の「国際郵便物として送れないもの」を差し出されることがないよう、皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。
また、内容品の確認を正確・迅速にするため、内容品記載欄は、内容品の種類・性質が確認できるように具体的に記入していただきますようお願いいたします。

「国際郵便として送れないもの」の詳細はこちらをご覧ください。