郵便局
そばにいるから、できることがある。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです


日本郵便トップ > 「ゆうパック ご利用事例」トップ > 【熊本県】株式会社モノモノ

【熊本県】株式会社モノモノ
すぐ近くにある熊本中央郵便局を、新たなビジネスパートナーに選定

写真1 カラーを楽しめる、国産インテリア雑貨のセレクトショップを、ネット上に5店舗持ち、商品を全国発送するECサイトが同社。「6年間、お願いしていた配送業者は、商品の破損が発生し、信用を失い、リピートがなくなる、ということがありました。これを改善するため、思い切って、2013年4月から、ゆうパックに切り替えたんですね」と話すのは、モノモノの松本勝雄代表。

 新たなビジネスパートナーとなった、ゆうパックの管轄は、熊本中央郵便局。熊本民謡『あんたがたどこさ』にも出てくる、船場(せんば)の橋のたもとにあり、同社とは、目と鼻の先の位置関係。

「昨今、配送費無料をうたう、競合ECサイトが増え、売れる商品は、当社も配送費自社負担で、販促をかける場合が少なくなく、配送コスト圧縮は、絶対条件になります。しかも、商品が無事に翌日配達されると、すぐにレビューへ配達品質や速さについて、書き込まれますから、そんなお客さまの反応が、ECサイトの評判や信用に、直結するわけですね。そうした料金、配達品質、翌日配達範囲を、トータルで相談できたのが、ゆうパックでした」(松本代表)

 ご近所で訪問回数も多く、法人契約の商談にも熱心な、郵便局の姿勢に、松本代表は、ビジネスパートナーとしての可能性を感じたのだ。
破損率や翌日配達エリアも改善! 今秋からゆうパケットも導入予定

写真2 年間約5万個ある同社の商品発送を、ゆうパックに一本化すると、すぐに効果が表れた。

「まず破損率が、10分の1に減り、翌日配達エリアが広がりました。楽天のサイトでは、午後2時までに注文すれば、翌日届く〈あす楽〉が好評ですが、以前は、関西までが限界だったのが、ゆうパックになってから、愛知・神奈川・東京23区などの大きな市場が、翌日配達可能になったのは、非常に大きい。しかも、ゆうパックでは、離島が別料金にならず、それを調べる手間がなくなったのもありがたい」(松本代表)

 今秋(2014年)から、梱包サイズが小さい商品用に、ゆうパケットを導入し、より効率的な郵便局の活用を進めたい考えだ。
会社概要
会社概要写真 株式会社モノモノ
2004年設立。2006年からECサイトに本格移行。現在、楽天市場×2、Yahoo!ショッピング、Amazon、自社の計5店舗で、無地もしくは北欧テイストにこだわった、インテリア雑貨のネットショップを展開。従業員10人。
トップページへ戻るエリアでさがす荷物の種類でさがすメリットでさがす
取材協力企業(五十音順)
商品一覧ご利用ガイド
ゆうパックの特長
運賃・料金を調べる
オプションサービス
追跡サービス
ゆうパック包装用品