郵便局
そばにいるから、できることがある。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです


日本郵便トップ > 「ゆうパック ご利用事例」トップ > 【福岡県】有限会社畠中育雛場

【福岡県】有限会社畠中育雛場
安全で美味な卵にこだわり環境を徹底管理して鶏を育てる

写真1 豊かな自然環境のもとで育てた、安全で美味な卵を中心に、卵を素材にしたケーキなど、洋菓子販売でも知られる畠中育雛場。

「卵はふ化、育雛、養鶏という3段階を、別の業者によって担当するのが、一般的です。しかし、当社は育雛業から始めて、現在は養鶏、販売、菓子工房に至るまで、自社で行っています」という、畠中五恵子2代目社長。自ら獣医師の資格を持ち、安全性に配慮した環境で、8万羽以上の健康な鶏を育て、品質を管理する。

「卵は割れやすいので、破損がつきものです。以前は、1,000件送れば、100件以上の苦情がありました。ところが、3年前に、ゆうパックで送った7,000件のうち、苦情はたった5件だったのです。この結果には、正直驚きました」

 前年に、同じゆうパックのキャンペーンに参加した業者仲間から、破損が全然ない、という話を聞いていたが、これほどとは思わなかったという。スタッフから、「郵便局の人は、とても丁寧に卵を扱ってくれるので、うれしかった」という話を聞き、納得がいった。
全国のネットショップ仲間の間でゆうパックの評価が高まっている

写真2 破損率の低さだけでなく、わずかな苦情に対しても、誠意を込めて、真摯に対応してくれたことも、郵便局の印象を高めた。

「以前の業者は、卵なんか割れて当然、というスタンスで、補償に関しても、とても難しく、責任を逃れようとするような態度に、何度がっかりしたか分かりません。しかし、郵便局の方は、まったくそんなそぶりは、ありませんでした」

 全国のネットショップ仲間とも交流しているが、彼らにもゆうパックを勧めているとか。

「数百人のショップオーナーと交流していますが、最近は、私以外にも勧める人が多く、他社からゆうパックに替える人が、急増していますね」

 手塩にかけて育てた鶏の卵だけに、割れてしまうのは、やはり悲しい。ゆうパックのゼロに等しいほど低い破損率は、同社にとって、何よりも評価できるデータに違いない。
会社概要
会社概要写真 有限会社畠中育雛場
1972年設立。当初は社名の通り、雛を育てる「育雛」専門だったが、後に、養鶏部門にも進出。さらに、卵の直販や菓子製造も自社で手掛ける。平成13年度全国優良畜産経営管理技術発表会で、農林水産大臣賞を受賞。
トップページへ戻るエリアでさがす荷物の種類でさがすメリットでさがす
取材協力企業(五十音順)
商品一覧ご利用ガイド
ゆうパックの特長
運賃・料金を調べる
オプションサービス
追跡サービス
ゆうパック包装用品