郵便局
そばにいるから、できることがある。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです



【高知県】株式会社青柳
安心して任せられる信頼感と「お届け通知」のサービスも好評

写真1 通信販売を始めて、まだ1年程度なので、年間に発送する荷物の数は、約6,000個だが、そのうち約5,000個が、2014年6月から、本格的に利用し始めた、ゆうパックだ。

 東好美営業部長は、「配送業者の料金改定があり、社内でも、あらためて物流を見直しました。当社では、配送費を重視していますが、数ある業者の中で、郵便局のゆうパックが優れていると思い、試しに使ってみました。お菓子は、崩れやすいし、ぬれなどにも弱いのですが、まったくクレームがなかったので、これなら安心して任せられる、ということで、ゆうパックに切り替えました」と語る。

 ゆうパックのラベルに入っている「お届け通知」で、荷物が無事に届いたことが分かるので、お客さまからは、「無事に届いた」「次回もお願いしたい」という、お礼の言葉を、いただくことが増えたそうだ。

「高知に出張や旅行で、いらっしゃった方が、手軽に発送できて、しかも、希望どおりに届く、というゆうパックの信頼感が、安心して、お土産を購入していただくことに、つながることを期待しています」
集荷や配達担当者の清潔感と丁寧さは食品を送るというイメージにも合っている

写真2 東部長によると、ゆうパックには、もう一つ長所があるという。

「集荷や配達に来てくれる、郵便局の担当者に、清潔感があり、商品を丁寧に扱ってくれる様子に、とても好印象を受けました。食品を取り扱っている企業なので、お客さまに、新鮮で安心・安全な商品をお届けしたい、という私たちの思いに、ゆうパックは、ぴったりだと思います」

 今や、素材から配達まで、トータルのイメージで、品質を判断されてしまう時代なので、確かに、こうしたポイントも重要だ。

「素材は、地産地消ということを意識し、スイーツなど、生ものの洋菓子も増えているので、今後は、冷蔵ではなく、冷凍に対応したゆうパックが、始まることを期待しています」
会社概要
会社概要写真 株式会社青柳
創業は1936年。高知を代表する銘菓「土左日記」をはじめ、「竜馬がゆく」「四万十清流ほくほくマロン」「無添加フルトマ完熟ゼリー」「土佐JIROLL」など、和洋菓子を製造販売。県内に、10の直営店舗を構える。
トップページへ戻るエリアでさがす荷物の種類でさがすメリットでさがす
取材協力企業(五十音順)
商品一覧ご利用ガイド
ゆうパックの特長
運賃・料金を調べる
オプションサービス
追跡サービス
ゆうパック包装用品