郵便局
そばにいるから、できることがある。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです


日本郵便トップ > 「ゆうパック ご利用事例」トップ > 【愛媛県】株式会社乃万青果

【愛媛県】株式会社乃万青果
お届け通知がはがきで届くのでお客さまに喜ばれている

写真1 愛媛みかんを中心に、ジュースなどの加工品を、全国に届けて、順調に成長してきた乃万青果。色や形だけでなく、糖度など、みかん内部の品質もチェックし、おいしさにこだわっている、同社のみかんが、広く全国に知られる好機となったのが、昭和末期に、郵便局の「ふるさと小包」に参入したことだった。

「創業者が、地元郵便局の局長と親しかったことから、お誘いを受けたようです。当時は、果物の通販自体が、浸透していない時代で、産直便の先駆けでした。何百万枚というチラシを、全国の郵便局に置いて、宣伝していただいたので、大変なPR効果があったそうです」と語る、同社の池田篤志営業部長。以来、通販事業に大きな手応えを得て、郵便局とのパートナーシップが続き、現在では、年間約18万個を、ゆうパックで発送している。

「ゆうパックのいいところは、発送した方に、お届け通知が届くことです。ギフトを贈った相手に、確実に届いたことを、はがきで知らせてくれるので、お客さまからとても好評です。配達品質も、ハイレベルですね。日本郵便の頒布会の説明会などに参加すると、配達のルールが細かなところまで、きちんと決められているのが分かります。こんなに、丁寧に扱ってくれるのかと思うと、我々も、しっかり品質管理をしよう、と気合が入ります」
情報やアイデアをお互いに出し合う。四国うまいもんCLUB

写真2 信頼関係が基礎となって、コスト面でも、相談に応じてもらえたことで、通販事業が拡大した。その結果として獲得した、約10万人という、ユーザーの存在を活用して、新たなビジネス展開も生まれている。郵便局の紹介によって、四国各地の業者をネットワークし、「四国うまいもんCLUB」を立ち上げたのだ。

「郵便局とのコラボ企画で、讃岐うどんや小豆島のそうめん、宇和島のじゃこ天など、四国の特産品の業者を、20社以上集めました。お客さまには、当社が紹介する業者ということで、安心していただけたようで、参加してくれた地元業者の人たちも、大変盛り上がっています」

 お互いに、情報やアイデアを出し合うことで、ビジネスチャンスを拡大させてきた郵便局は、今や同社にとって、重要なビジネスパートナーとなっている。
会社概要
会社概要写真 株式会社乃万青果
1973年のかんきつ類大暴落を機に、会社設立。1987年に「ふるさと小包」へ参加して、通販事業に進出。以降は、着実に事業を拡大して成長を続け、年商約19億円を誇る。
トップページへ戻るエリアでさがす荷物の種類でさがすメリットでさがす
取材協力企業(五十音順)
商品一覧ご利用ガイド
ゆうパックの特長
運賃・料金を調べる
オプションサービス
追跡サービス
ゆうパック包装用品