郵便局
そばにいるから、できることがある。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです


日本郵便トップ > 「ゆうパック ご利用事例」トップ > 【山口県】株式会社アデリー(フルーツギフト&カフェ ホシフルーツ)

【山口県】株式会社アデリー(フルーツギフト&カフェ ホシフルーツ)
ギフトの配送はお客さまに直送が基本。だからこそ、配達クオリティーが最優先

写真1 アデリーは、おいしいをデザインする食の総合プロデュースカンパニー。食品から贈答品まで扱い、オリジナル商品開発やカタログ制作、自前の物流拠点などを中心に販路を広げている。

「当社は、取引先から注文を受けて、取引先のお客さまへダイレクトに商品をお届けしています。そのため、配達品質にはことのほか気を使います。ゆうパックとの取引を強化したのは、2013年から。以来、破損も不在連絡も減って、“ムダな”経費が節減でき、コストパフォーマンスが良くなりました」と語るのは、商品企画部の河野潤一郎氏。

 1年半ほどで、ゆうパックの取り扱いは年間約30万個に達し、カタログ送付にも、年間約2万通のゆうメールを活用している。

“おいしいをお届けして笑顔になってもらう”をモットーとする現場で、配達の丁寧なゆうパックの存在感が、日々高まっている。
繊細なフルーツギフトにこそ、梱包と配達への細やかさが必要!

写真2  直販部門併設のフルーツギフト&カフェ「ホシフルーツ」の佐田雅秀氏は、この道35年の名物スタッフ。「相手のことを、一生懸命考えて用意するギフトほど、人を喜ばせるものはない」という思いで、毎日足しげく市場に通って、新鮮で美味な果物を選んでいる、と話す。

「ギフトの中でもフルーツは、ことのほかデリケート。人気の桃、ぶどう、いちごなどは特に傷つきやすいので、配送業者によっては、取り扱い不可のところもあるほど。当店では、専用段ボールやウレタンマットなどを駆使して、絶対動かないよう、丁寧に梱包して、発送準備をするんです。配送業者の中でも、ゆうパックは、電話応対や集荷の際のあいさつ・声掛けもしっかりしていて、荷扱いも丁寧。荷台に隙間があれば、空箱を入れて荷崩れを予防するなど、細かい部分まで、丁寧で安心です」

 熟したおいしいフルーツは、きれいに届いてこそ価値がある。フルーツの目利き人も一目置く、ゆうパックの配達品質である。
会社概要
会社概要写真 株式会社アデリー(フルーツギフト&カフェ ホシフルーツ)
1977年設立。贈答品全般から食品までを扱い、商品開発から、カタログ制作、物流、販売まで一貫して手掛ける、総合プロデュース会社。新鮮な果物を提供する、フルーツギフト&カフェ併設の複合店は、2012年のオープン以来、大人気。
トップページへ戻るエリアでさがす荷物の種類でさがすメリットでさがす
取材協力企業(五十音順)
商品一覧ご利用ガイド
ゆうパックの特長
運賃・料金を調べる
オプションサービス
追跡サービス
ゆうパック包装用品