郵便局
そばにいるから、できることがある。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです


日本郵便トップ > 「ゆうパック ご利用事例」トップ > 【東京都】株式会社ヨドバシカメラ

【東京都】株式会社ヨドバシカメラ
ゆうパックの活用で当日配達のエリアが全国に拡大

写真1 家電量販大手のヨドバシカメラは、全国に5カ所の物流拠点を持つ。最大規模となるのが、川崎市にあるアッセンブリーセンター川崎だ。

「お客さまの声に耳を傾け、取り扱いアイテムを拡充していった結果、米や野菜、本など、家電量販店の枠を超えた品ぞろえになりました。現在は、約300万アイテムを扱っております。2015年には、500万アイテムまで拡充する計画です。どこで買えばいいか分からないものがあれば、ヨドバシカメラのサイトに行けば、何でも買えると、お客さまに思っていただけることが、理想ですね」と、同センターの山本泰正所長。ゆうパックの利用は、2002年4月から。個人向け宅配を拡充する中で、郵便局を活用するメリットが大きかったという。

「当社の店舗は、全国に21店と、他大手家電量販店と比較しても多くはありません。店舗がない地域の方にも、ネットを活用して、当社の商品をご購入いただきたいと、早期から、個人向け通販を重視して、取り組んできました。自社の配送システムだけでなく、郵便局のネットワークを活用させていただくことで、当日配達可能な地域が、大きく広がり、ビジネスで優位に立てました」
懸命な努力の末に届いた被災地への贈り物

写真2 同社の5カ所の物流拠点を核に、全国に約2万4,000の拠点を持つ郵便局を活用することで、当日配達可能なエリアは、人口カバー率で、現在約63%に及ぶ。都市部への発送であれば、全国どこでも当日配達ができることは、大きな強みだ。

「ゆうパックなら、確実に届けてくれる、という信頼があります。東日本大震災の前日に、ご注文いただいた品物が、お届け先の被災でいったんは、未着になりました。しかし、何とか転送先を探して届けてほしいと、郵便局にお願いし、1カ月半後に、ご実家に避難されていたお客さまに、無事に配達されたのです。ご主人が震災で亡くなってしまわれたこと、ご主人から奥さまへの最後のプレゼントになってしまったことを、奥さまから感謝の手紙をいただいて知りました。こらえきれず胸が熱くなりました。配達員の方も非常時に、大変な努力を経て届けてくれました、ゆうパックへの信頼が、さらに高まりましたね」
会社概要
会社概要写真 株式会社ヨドバシカメラ
1960年創業。カメラを皮切りに家電、OA製品、パソコン、玩具、ブランド品など、多彩な品目をそろえる家電量販店の老舗。2014年現在、全国に21店舗を展開。ネット通販にも力を入れる。
トップページへ戻るエリアでさがす荷物の種類でさがすメリットでさがす
取材協力企業(五十音順)
商品一覧ご利用ガイド
ゆうパックの特長
運賃・料金を調べる
オプションサービス
追跡サービス
ゆうパック包装用品