郵便局
そばにいるから、できることがある。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです


日本郵便トップ > 「ゆうパック ご利用事例」トップ > 【群馬県】有限会社ミスチーフ

【群馬県】有限会社ミスチーフ
こだわりのアイテム数は約1万。信頼性を考慮してゆうパックに

写真1 ミスチーフは、ショッピングモールに実店舗を構え、同時にネット通販で、全国に多くのファンを持つ、スニーカーセレクトショップだ。

「パトリックやスピングルムーヴといった、個性的なブランドを扱うなど、他店とはひと味違うセレクトに、こだわっています。靴だけでなく、バッグやアパレル関連もあり、トータルで、デザインできるのもポイントです。クリームやブラシ、修理用具などの、ケア用品も力を入れて、総アイテム数は、1万を数えます」と語るのは、栁岡匡統括マネージャー。ネット通販の責任者でもある。

「ネットでも、実店舗と同様に、店員と対話しながら、マンツーマンで品物を選べるのが理想。通販では、実物が見られないので、検品を徹底して、わずかな汚れも見逃さないように、厳しく商品管理をしています」

 ゆうパックの利用は、2013年11月から。それまで、配送面でのトラブルが続いたため、顧客からの信頼性を考慮して、郵便局に切り替えた。
特約でのゆうメール対応により、送料負担を減らして顧客に好評

写真2「ゆうパックに替えて、苦情はまったくなくなったほか、いくつかのメリットもありました。まずはケア用品など、小物類の発送に、ゆうメールで対応をしてくれたこと。以前は、小物なのに送料が高い、というご不満の声もあったのですが、送料が安くなって、お客さまに大変好評です。もう一点は、急な住所変更や長期不在などで、配達できない場合に、小まめに連絡してくれること。それまで、こちらに連絡なしに、返送されることも多く、再発送のコストを、お客さまにご負担いただくことが、心苦しかったのです。その点、ゆうパックでは、必ず連絡がありますし、返送せずに待ってくれます。また、お客さまが住所を書き間違えた場合なども、口頭で伝えるだけでOKです。以前は、修正の手続きなどで、時間がかかることも多かったので、お客さまに喜ばれていますね」

 今後は、サービスの向上に努めて、ラインアップを広げ、ネットショップの拡大を狙う。ゆうパックが果たす役割も、大きいはずである。
会社概要
会社概要写真 有限会社ミスチーフ
1999年創業。高崎駅前の小さな店舗から始め、スニーカー中心のセレクトショップとして、徐々に人気を獲得。現在は、伊勢崎市のいせさきガーデンズに店舗を構え、オンラインショップも展開して、全国に固定ファンが広がっている。
トップページへ戻るエリアでさがす荷物の種類でさがすメリットでさがす
取材協力企業(五十音順)
商品一覧ご利用ガイド
ゆうパックの特長
運賃・料金を調べる
オプションサービス
追跡サービス
ゆうパック包装用品