郵便局
そばにいるから、できることがある。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです


日本郵便トップ > 「ゆうパック ご利用事例」トップ > 【秋田県】小玉醸造株式会社

【秋田県】小玉醸造株式会社
一升瓶を6本詰めてもチルド便で送れるゆうパックで宅配事業が飛躍

写真1 1879(明治12)年に、みそとしょうゆの醸造業として創業。大正初期から着手した酒造業でも、名をはせ、秋田の名峰に由来する、「太平山」ブランドの日本酒は、秋田を代表する銘酒として、全国に多くのファンを獲得している。

「米や大豆といった、地元の素材を生かし、郷土色豊かな商品作りに、こだわっています。乳酸菌を使って、強い酵母を育てる『生もと(きもと)造り』という、酒造りを行っていますが、この手法を使う酒蔵は、現在では少なくなりました」と言う、5代目の小玉真一郎社長。

 オンラインショップも開設し、個人向けの宅配を重視するようになり、ゆうパックの優位性に着目。今年(2014年)4月からは、ほぼ全面的に、ゆうパックに切り替えている。

「日本酒に加えて、みそやしょうゆなども、まとめ買いをしてくださる、お客さまも多いのですが、100サイズなど大きめの荷物を、冷蔵で送れる業者が、なかなかなくて困っていました。出荷してから、配送センターに断られて、戻ってくることもあったのです。その点、ゆうパックは、チルド便で対応してくれたし、重量が30kgまで、同一料金だったのも決め手でした」
2,000個超の発送で破損はわずか1個。ゆうパックの配達品質の高さに驚く

写真2 通常は一升瓶を1箱に6本詰めるが、重量制限で、5本しか入れられない業者も多い。しかし、ゆうパックの基準なら問題がなかった。

「破損率の低さにも驚きました。2,000個以上送って、破損は1個だけ。過去にはあり得なかったことです。担当者の方が、実際にトラックを見せてくれて、いかに丁寧に運ぶかを、説明してくれたことでも、安心できました。さらに、以前は、関西方面のお客さまに、翌日お届けすることは不可能でしたが、ゆうパックでは、大阪と兵庫の一部へ、翌日配達が可能になったことも、当社にとっては大きかったですね」

 地方の酒造メーカーにとって、個人向け宅配の市場はますます重要になる、と同社はみている。手間をかけて作ったこだわりの商品を、心を込めて確実に運んでくれる、ゆうパックは、今後の同社の発展にも欠かせない。
会社概要
会社概要写真 小玉醸造株式会社
1879年創業。秋田を代表するみそ・しょうゆ醸造元として、不動の地位を確立し、1913年には酒造業にも進出。「太平山」は、秋田を代表する銘酒として、全国にその名が知られる。
トップページへ戻るエリアでさがす荷物の種類でさがすメリットでさがす
取材協力企業(五十音順)
商品一覧ご利用ガイド
ゆうパックの特長
運賃・料金を調べる
オプションサービス
追跡サービス
ゆうパック包装用品